Monthly Archives: 7月 2017

施術方法と効果

メディオスターNexT PROでの施術の流れは、カウンセリングで肌質や毛質、毛量の状態の診察やアレルギーの有無などを聞き、レーザー脱毛の注意点や説明がおこなわれます。施術前に、滑りをよくするジェルの塗り照射をしますが、施術部位にマーキングをしてからジェルを塗り照射するクリニックもあるようです。テスト照射をして、刺激の強さを聞き、出力を調整して施術をおこないます。施術が終わるとジェルをふき取って終了です。

メディオスターNeXT PROは、痛みがあまりないため、麻酔をする必要がなく、施術時間は両脇が10分程度ですので、体の負担も軽くすむことがメリットでもあります。また、目の周りは施術不可の場合もありますが、基本的にどの部位でも施術可能となっている肌への負担の少ない脱毛器です。ただし、重い皮膚疾患の方は受けられない場合がありますので、クリニックに相談してから、施術を受けるようにしましょう。

メディオスターNexT PROは、発毛因子を破壊する脱毛器のため、発毛の生成を止める脱毛法です。そのため、施術をしてすぐに毛が抜けるわけではなく、抜け落ちるのを待つ必要がありますので、メディオスターNexT PROの仕組みをカウンセリングでしっかり聞いてから施術を受けましょう。

推奨HP〔医療レーザー脱毛:札幌中央クリニック
・・・メディオスターNexT PRを導入しているクリニックです。

硬毛化や増毛化が起きづらい

従来の医療レーザーや光脱毛では、脱毛したことで毛が増えてしまう増毛化や毛が硬くなってしまう硬毛化がリスクとしてあり、特に、産毛が硬毛化や増毛化になってしまうケースがよくあります。脱毛サロンの光脱毛で、産毛が増毛化や硬毛化になりやすく、起きてしまった場合は医療レーザー脱毛で毛根を破壊する方法しかなく、2度手間ですし、痛みや肌への負担もかかってしまいます。

メディオスターNexT PROでは、弱い熱をじっくり与え続ける脱毛方式のため、熱の刺激が弱く、肌へのダメージが少ないことも一因となって、硬毛化や増毛化のリスクが少ないといわれています。痛みや肌への負担も少ないメディオスターNexT PROは、硬毛化や増毛化が起きづらいだけではなく、硬毛化した毛にも効果があるため、脱毛サロンで硬毛化や増毛化をしてしまった方は、メディオスターNexT PROを採用しているクリニックに相談してみるといいかもしれません。

男性のヒゲを医療レーザーで脱毛する場合、痛みが強く麻酔をして脱毛することもよくありますが、メディオスターNexT PROでは、麻酔なしで施術が可能で、減毛効果もあることから、男性用の脱毛クリニックでもメディオスターNexT PROが採用され出していますので、男性にもおすすめの脱毛方法です

肌質や毛質を選ばない

黒い色に反応して毛根にダメージを与えて脱毛する、従来の医療レーザーでは、日焼けした肌の方は施術不可でしたが、メディオスターNexT PROは、従来とは仕組みが違い、黒色に反応する仕組みではないため、日焼けした肌や黒い肌の方でも脱毛が可能となっており、海外ではアフリカ系の方でも使用している脱毛器となっています。

ニキビやシミなどの色素沈着の肌でも施術が可能ですし、ホクロに生えた毛の脱毛も可能という特徴を持っています。また、メラニンが薄く従来の医療レーザーでは反応しない産毛や薄毛でも、発毛因子のバジル領域を破壊して脱毛する仕組みのため、色が薄い、濃いに関係なく脱毛することが可能となっています。注意することは、従来の医療レーザー同様、メラニンを含まない白髪やメラニンが少ない金髪には効果がないといわれていますので、白髪が生えてくる前に脱毛をすることをおすすめします。

メディオスターNexT PROでは、冷却装置が搭載されており、照射するとすぐに冷却装置が熱さを和らげてくれます。3種類の温度設定が可能で、一人ひとりの肌に合わせた温度調節ができますので、熱が与えるダメージから皮膚を保護してくれます。肌へのダメージが少ないことから、脱毛をあきらめていた敏感肌やアレルギーの方でも施術が可能となっています。

最新脱毛機の特徴

当サイトでは、メディオスターNexT PROについて紹介しています。従来の医療レーザー脱毛は、痛みが強く、脱毛する部位によっては痛みに耐えながら脱毛しなければいけませんでした。従来の脱毛の理論で、毛根を高熱で破壊することで脱毛ができるという考え方のレーザー脱毛器のため、熱で破壊する衝撃で痛みが強く出てしまいます。しかし、最近の研究で、肌の表面に近い部分のバジル領域に、毛の生成の働きのする幹細胞が発見されました。

研究結果を基に、発毛の生成の働きのあるバジル領域の肝細胞を破壊することによって、毛の再生を防ぎ永久脱毛ができるということがわかり、バジル領域をじっくり温めながら破壊する、新しい脱毛方式のメディオスターNexT PROという、医療レーザー脱毛器がドイツで開発されました。

メディオスターNexT PROの特徴は、皮膚の深い部分にある毛根を高熱処理するのではなく、皮膚に近い浅い部分に60度程度の弱い熱を与え続けて破壊する温熱式のため、痛みが少ないことが特徴となっています。そのため、強い痛みが出やすいデリケートゾーンでも、痛みに耐えることなく脱毛ができるといわれています。また、従来の医療レーザーや脱毛エステのフラッシュ脱毛でも、成長期の毛にしか効果がなく、毛周期に合わせて脱毛する必要がありましたが、メディオスターNexT PROは、成長期ではない毛穴に対しても、バジル領域が存在している毛があれば脱毛効果があるといわれており、脱毛サロンで3年以上かかる全身脱毛が1年で完了することも可能となっています。