最新脱毛機の特徴

当サイトでは、メディオスターNexT PROについて紹介しています。従来の医療レーザー脱毛は、痛みが強く、脱毛する部位によっては痛みに耐えながら脱毛しなければいけませんでした。従来の脱毛の理論で、毛根を高熱で破壊することで脱毛ができるという考え方のレーザー脱毛器のため、熱で破壊する衝撃で痛みが強く出てしまいます。しかし、最近の研究で、肌の表面に近い部分のバジル領域に、毛の生成の働きのする幹細胞が発見されました。

研究結果を基に、発毛の生成の働きのあるバジル領域の肝細胞を破壊することによって、毛の再生を防ぎ永久脱毛ができるということがわかり、バジル領域をじっくり温めながら破壊する、新しい脱毛方式のメディオスターNexT PROという、医療レーザー脱毛器がドイツで開発されました。

メディオスターNexT PROの特徴は、皮膚の深い部分にある毛根を高熱処理するのではなく、皮膚に近い浅い部分に60度程度の弱い熱を与え続けて破壊する温熱式のため、痛みが少ないことが特徴となっています。そのため、強い痛みが出やすいデリケートゾーンでも、痛みに耐えることなく脱毛ができるといわれています。また、従来の医療レーザーや脱毛エステのフラッシュ脱毛でも、成長期の毛にしか効果がなく、毛周期に合わせて脱毛する必要がありましたが、メディオスターNexT PROは、成長期ではない毛穴に対しても、バジル領域が存在している毛があれば脱毛効果があるといわれており、脱毛サロンで3年以上かかる全身脱毛が1年で完了することも可能となっています。